成約実績

建物の建築ができない土地(町田市内)

建築基準法の道路に接道しておらず、建物の建築(新築)ができない土地でした。勿論、家が建築できない物件の為、ご購入する方は、不動産業者や個人を含めても、中々みつかりません。

道路を新設し建築可能に!
市役所、都、近隣の地権者の方々と協議の上、道路を新設し、対象物件を建築基準法の道路に接道させることにより、建築可能にし、購入希望者へ物件を引き渡すことができました。関係者の同意を得るために、契約後に時間を要しましたが、近隣の方々や関係各所の方々のご協力により、無事に取引を成立させることができました。

個人の方には売りにくい70坪の土地(町田市内)

土地面積約70坪と個人の方へ売却するには総額が張り、購入希望者が少ないため、売りにくい物件でした。他不動産会社で販売活動をおこなっておりましたが半年以上、成約にいたっておりません。

土地を分割して販売!
他不動産会社の営業担当者から相談をお受けした株式会社ラムセスでは、「建築基準法第53条の2第1項第3号に関する許可」を市役所へ相談することをご提案させていただきました。上記の許可とは、簡単にいうと土地を分割する許可のことです。対象物件の所在する都市計画では敷地面積の最低限度が120㎡の規制がありましたが、ある一定の基準や要件をクリアすることにより、土地面積が240㎡以下の土地でも分割することが可能になります。このように、株式会社ラムセスでは、他不動産会社で、成約するのにお困りになっている物件もご所有者様が、ご納得する価格でお取引する方法をご提案させていただきます。

古い家屋が建築されている物件(町田市内)

建物が古く、戸建て住宅としては売りにくい物件でした。通常であれば、古家付きの売地として販売する物件です。それは昭和40年代の建築物であることから、ご購入希望者がいても物件の担保評価が出にくく、金融機関の融資が難しいため、戸建住宅として住宅ローンが厳しい物件でした。

適合証明書を取得し住宅金融支援機構からの融資を可能に!
ご所有者様より、売却の依頼をお受けした株式会社ラムセスでは、「適合証明書」を取得し住宅金融支援機構(いわゆる、国が貸付をしてくれる金融機関)から融資を可能にすることで、戸建住宅としての価格帯に近づけて物件を成約をすることができました。ご購入されたお客様からは、株式会社ラムセスでのリフォーム工事を実施していただき、今もお付き合いさせていただいております。株式会社ラムセスでは、リフォーム工事の請負い、ご紹介、造成工事の設計も出来ますので、様々な角度から物件を評価し、販売計画をご提案させていただきます。

人がお亡くなりになっていた戸建住宅(川崎市内)

平成27年にご家族の方が室内でお亡くなりになっておりました。建物も新しく、戸建て住宅として充分に使用できるため、建物を解体して土地として販売するには、非常にもったい状態でしたが、心理的な瑕疵があり、一般の購入希望者に売却するのは厳しい住宅でした。

一般法人の社宅として成約!
株式会社ラムセスの情報網を最大限に駆使し、一般法人の社宅として成約することができました。自己居住用の家ではなく、社宅や法人利用する場合には、市場流通価格より少し安いなと思われる価格設定をおこなうことと販売先のルートがあれば、大幅な値下げをすることなく成約を実現できることもあります。当社の強みでもある「情報のクローズド」を用いて、未公開物件として取引先やその関係者だけに情報を発信することにより、成約率をアップさせることができます。

売りづらい不動産でも売ります!

株式会社ラムセス代表の池田には、実績に挙げた物件に類似した取引や他にもさまざまな「売りづらい不動産」の問題を解決した不動産取引の実績があります。時間のかかる開発許可や宅地造成許可が必要な土地でも大丈夫です。町田市・相模原市の売りづらい土地建物の売却のことなら、不動産売却専門の株式会社ラムセスにお任せください!